背景

ACT-A WATCH

医療従事者には喝采ではなく、構造的な支援を ある医師の訴え

アフリカ保健システム
7429d935014433ea8eb21c87c3575b06-1642227167.jpg

ゾレーワ・シフンバさん(写真:グローバルファンドウェブサイトより)

南アフリカの若き医師であり、多剤耐性結核と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかった経験を持つゾレーワ・シフンバさんは、医療従事者の環境改善を訴えるアクティビストであり、ACTアクセラレーターでは、コミュニティ代表者の一人として現場の声を伝えています。COVID-19とのたたかいの最前線で働いた恐怖と使命感と焦燥感、そして今、医療の現場を離れアクティビストとして世界の医療従事者の置かれている状況を改善するために声を上げる思いを、グローバルファンドのインタビューで語りました(抄訳全文訳グローバルファンド日本委員会のウェブサイトに掲載されています

-----------

COVID-19のニュースを初めて聞いたのは、昨年、南アフリカのクワズル・ナタール州の田舎にある郡立病院でコミュニティ訪問診療を行っている時でした。私は昔、医学生のときに多剤耐性結核に感染して以来、資源の乏しい状況での医療システムがいかに危険かわかっていました。外国の映像で、医療従事者がウイルスから身を守るために全身を覆う防護服を着ているのを見ていました。私たちには、普通の医療用エプロンとK95マスク(訳注)が与えられましたが、N95マスクはもう見つかりませんでした。数週間後にやってくるであろう多数の患者を収容するスペースがないこともわかっていました。病院の経営陣に、医療従事者の保護が十分でないと訴えました。やがて病院のスタッフの間でCOVID-19が発生するようになりました。

あらゆるものが不足してきました。(ガウンやマスクなどの)個人防護具(PPE)も不足していましたが、医療従事者は、必要な防護具がなくても患者に対応することが求められました。医療用酸素も不足していました。酸素を与えなければ、少なくともここにいる半数の人たちを失うことになると知りながら、2つしかない酸素タンクと酸素を必要とする多くの患者さんを前にしなければならないのは精神的につらいことでした。酸素飽和度20%の人が入院してくることもありましたが、「ここでは酸素ボンベが足りていない。どうしよう」と考えてしまいます。同じことが何度も繰り返されました。酸素を入れることができた人でも、結局、酸素濃度を十分に上げることができずに亡くなってしまった人もいました。このトラウマは、押し潰されるほど強くまた広範なものでした。自分が守られていないと感じるトラウマと、自分たちがサービスを提供している人々が物資不足で十分なケアを受けられないことへの憤りのトラウマが混在しているのです。世界中の医療従事者がパンデミックのために亡くなっていたり、ストレスで自ら命を絶っている人がいることもトラウマでした。

私自身もCOVID-19に感染してしまいました。疲れて、咳が出て、頭痛がして、胸が痛くなって、息をするのに力を入れなければならないというのは異様でした。一度だけ病院で酸素吸入をしましたが、すごく待たされました。その後、復帰しようとしましたが、不安感がとてつもなく大きくなりました。十分な防護策を取ることができずに医療従事者が感染するという状況に対し、私には声を上げる責任があると感じました。医療従事者はヒーローとして拍手喝采を浴び、称賛されています。しかし彼らが必要としているのは、もっと構造的な支援です。保健医療のインフラへの投資も、医療従事者への投資もせずに、この世界はどうやってCOVID-19に勝てるのでしょうか。こうした構造的な変化は、COVID-19だけでなく、結核やHIVなど他のパンデミックの状況も改善するはずです。

そこでUxhaso Home of Hotepという組織を立ち上げました。「Uxhaso」とは、コーサ語で「サポート」を意味します。私が行っているのは、PPEや酸素など、必要なサポートを求める医療従事者のためのスペースを提供することと、私たちが経験していることを人々に理解してもらうために、自分たちのストーリーを語る場を提供することです。私は民間団体と協力して、病院に酸素を寄付しています。この数年間、私はとても大きな声を上げ活動してきました。人脈を得たおかげで、自分の声を使って他の人のために効果的な主張をすることができるようになりました。私たちを治療し、癒してくれる医療従事者は、この危機を乗り越えるために私たちを助けてくれる存在です。では、誰が彼らを癒し、助けることができるのでしょうか?

訳注:原文ママ。KN95マスクのことを指すと思われる。

一覧に戻る

NEWSNEWS

  • G7サミット、COVID-19対策を議論 パンデミックに備える新たな金...
  • 治療部門の現状や課題を発表/ユニットエイド
  • 日本政府がGaviに資金拠出を表明/ワクチンの生産や供給を後押し
  • IMFのワーキングペーパー「新型コロナの長期にわたるリスクを管理するた...
  • ワクチン接種の目標、再考を/重症化リスクが高い人を優先に(米国公共ラジ...
検索